なんばHatch*会場情報

マナーを守ってみんなで楽しむのがLIVEです!!

 

なんばhatchの会場情報をお届けします!!

なんばhatchは、大阪市浪速区にある「湊町リバープレイス」という多目的複合イベントスペースの中にあるライブハウスです。

2002年の夏に完成しました。

なんばHatchの名前は、八角形の建物に由来して付けられたもので、名付け親は、DJの谷口キヨコさんらしいです。

ちなみに公式ホームページはこちら

会場情報

交通アクセス

地下鉄とJRの難波駅から直結でアクセスはとても便利です。

JR難波駅地下鉄【四つ橋線】なんば駅の 26-B出口からすぐです。

 

物販について

物販は会場の入り口付近にて行われます。

グッズ販売開始時間は、さまざまです。

私が行ったライブでは開場後に場内にて行われていました。

ただし、開始時間等によって変更があると思いますので、必ず確認してから行くようにしてくださいね!

 

 

入場について

まずは、ライブ会場入り口に一番近い施設出入り口に整理番号順に並びます。

なんばHatch
なんばHatch 入場列ができる入り口

この会場も整理番号順の入場なので、早く行っても特別に早く入れる訳ではありません。

早めの番号の方はきちんと開場開始までに会場入り口付近に到達しておくことをおすすめします。

なんばHatch 建物入場前
なんばHatch 建物入場前

整理番号でどこに並ぶか区切りもあるので、前後の方と番号を確認し合っておおよその場所に並ぶのがいいと思います。

雨の日は屋根がないので要注意です。

傘を持って並んだ場合、中に傘立てがありました(私の時は)が、傘をそこにおいてる時間も惜しいという方は対処法を考える必要があるかもです。

良い方法があったら教えてください!

開場時間が近くなると、ライブハウスの入り口前へと列が進みます。

なんばHatch ライブ会場前
なんばHatch ライブ会場前

ちなみに、ドリンク代が必要なライブが多いので、よく確認してくださいね。

ドリンク代はチケットを渡す時に一緒に渡します。

私の時は引き替えに小さな券をもらいました。

それをもってカウンターでドリンクに交換してもらいます。

 

ロッカーについて

なんばHatchには会場の外と中の両方にロッカーがあります。

外といっても、「湊町リバープレイス」内にあるので利用しやすいと思います。

私はこちらをいつも使用します。

中にもありますが、開場後少しでも早くいいポジションを取りに行きたいという方は外ロッカーに預けておくことをオススメします。

 

キャパについて

収容人数は、一応公式では、1階は着席時で602席、スタンディングで約1500人。2階席は153席らしいです。

でも整理番号が2000番を越えていたこともあるので、スタンディングだと1500〜2200人くらいだと思います。

 

場内について

ステージは横長になっていて、客席側には段差と柵があります。

スタンディングと二階席があります。

1階の最前列はステージに近く、好きなアーティストのライブの時は感動で涙が出るほどだと思います。(出ました)

 

 

なんばHatchの特徴

 

私は個人的にはなんばHatchの音はとても好きです。

キャパ2000人くらいのライブハウスなので、臨場感があるコトと響き?のようなものが私には合っていると思っています。

気を付けたいのはやはり、チケット完売のライブの入場だと思います。

雨の日は屋根のないスペースでの待機はきついです。

整理番号が2000番台の時は入場開始から50分ほどでようやく中に入れたので、50分も雨ざらしではなかなかなツラいです。

 

みなさんの楽しいライブの参考になれば幸いです。

 

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0
日付:2014.11.17 | 投稿者:mayu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA